SF漫画「ドラえもん」のあらすじと感想

SF漫画 「ドラえもん」 を読んだあらすじと感想、「アニメ映画」の話題です。

「ドラえもん」 のあらすじ

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=wmp3v62f&acode=crjssfpkxvrc&itemid=0

日本を代表する漫画家藤子・F・不二雄先生の傑作作品『ドラえもん』。

未来の国からやってきたごぞんじ、ネコ型ロボットのドラえもんが親友のび太とともにくりひろげる友情ファンタジー。

四次元ポケットから取りだされる不思議な道具で日本じゅうを笑いに包みこむ。しずちゃんやスネ夫、それにジャイアンも元気いっぱい。

大きな夢をあたえてくれるワクワクドキドキ素敵な道具でキミを心温まるドラえもんワールドにご案内!

「ドラえもん」 の感想

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=wmp3v62f&acode=crjssfpkxvrc&itemid=0

SF漫画 「ドラえもん」

「ドラえもん」は国民的作品として定着しています!

子供の頃、TVアニメの「ドラえもん」が好きでよく見ていました。

ひみつ道具のタケコプター、どこでもドア、タイムマシンは憧れでした。

あんなに見ていたのに、TVアニメを見なくなったのはいつの頃だったでしょうか。

「ドラえもん」は、子供にも伝わるようにわかりやすく、面白く描いた作品
です。

今読み返してみると、内容の秀逸さ、テーマの深さ、 構成や台詞の巧みさ、ギャグの面白さ、先を読む確かさが作品に現れています。

子供のために「優しさ」や「教訓」というエッセンスが多めに盛り込まれている点も秀逸です。

話のほとんどが、のび太が悪さをしたときはちゃんと懲らしめられ、逆にのび太が持ち前の優しさで行動したときにはちゃんとハッピーエンドの展開で終わるように作られています。

ドラえもんやのび太と共に感じたドキドキするようなワクワク感は忘れないものですね。

「ドラえもん50周年」を記念して!

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=wmp3v62f&acode=crjssfpkxvrc&itemid=0

「ドラえもん」 0巻

6種類の「幻の第1話」が一堂に集結!

誕生50周年にちなみ、全6種類の「ドラえもん」第1話を初出バージョン&
完全カラーで収録。

しめ切りギリギリになってもタイトルも主人公も決まっていなかったという伝説の予告や、作者自身による創作秘話まんが「ドラえもん誕生」も新書判コミックス初収録!

貴重な写真と資料でおくる巻末解説も充実!

▼第1話/未来の国からはるばると▼第2話/ドラえもんの大予言▼第3話/変身ビスケット▼第4話/秘(丸囲み)スパイ大作戦▼第5話/コベアベ▼第6話/古道具きょう争▼第7話/ペコペコバッタ▼第8話/ご先祖さまがんばれ▼第9話/かげがり▼第10話おせじ口べに▼第11話/一生に一度は百点を▼第12話/プロポーズ大作戦▼第13話/◯◯が××と△△する▼第14話/雪でアッチッチ▼第15話/ランプのけむりオバケ▼第16話/走れ! ウマタケ

今年はドラえもん50周年記念です。!

藤子・F・不二雄氏が自ら作品を選んだ決定版として、1974年の
第1巻発売以来親しまれている、てんとう虫コミックス『ドラえもん』
全45巻。

2020年、『ドラえもん』50周年記念出版として、この『ドラえもん』
全45巻の究極の愛蔵版「100年ドラえもん」が誕生します。
(出版予定日は2020年12月1日です。)

凄い豪華なものが出るのですね!

「ドラえもん」【アニメ映画】 のあらすじです!

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト

ドラえもん50周年記念作品!完全オリジナルストーリーで贈る、
新しい双子の恐竜と、新しいのび太の物語。

映画 「ドラえもん のび太の新恐竜」

      2020年8月7日(金) 公開

2020年は「ドラえもん」の連載開始から50周年、さらに1980年に公開された『映画ドラえもん』シリーズ第1作から、40作目を迎えます。

「ドラえもん」の記念すべき年にお届けするのは

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』 

のび太が双子の恐竜キューとミューに出会って始まる物語は全く新しいオリジナルストーリー。

キューとミューの仲間の恐竜たちを探して、6600万年前の白亜紀を舞台にのび太たちが大冒険を繰り広げます。2020年春、未来へ向けて進化する映画ドラえもん。新しい恐竜と、新しいのび太の物語が始まります!

【CAST】

「レギュラー声優陣」

ドラえもん/水田わさび

のび太/大原めぐみ

しずか/かかず ゆみ

ジャイアン/木村 昴

スネ夫/関 智一

<あらすじ>

のび太たが恐竜博きょうりゅうはくの化石かせき発掘はっくつ体験たいけんで見みつけた1つの化石かせき。絶対ぜったいに恐竜きょうりゅうのたまごだ! と信しんじたのび太たが、ドラえもんのひみつ道具どうぐ“タイムふろしき”で化石かせきを元もとの状態じょうたいに戻もどすと…生うまれたのは双子ふたごの恐竜きょうりゅう! しかも、未発見みはっけんの新種しんしゅだった。

のび太たに似にてちょっと頼たよりないキューと、おてんばなミュー。個性こせいの違ちがいに苦労くろうしながら、親おやのように愛情あいじょうたっぷりに育そだてるのび太ただったが、やがて2匹ひきが現代げんだいで生いきていくには限界げんかいがきてしまう。

キューとミューを元もとの時代じだいに返かえすことを決心けっしんしたのび太たは、ドラえもんや仲間なかまたちと共ともに6600万年まんねん前まえへと出発しゅっぱつ! キューやミューの仲間なかまの恐竜きょうりゅうたちを探さがす旅たびがはじまった。

ドラえもんのひみつ道具どうぐや恐竜きょうりゅうたちの力ちからも借かりながら、恐竜きょうりゅうの足跡あしあとを追おって進すすむのび太たたちが辿󠄀たどり着ついたのは謎なぞの島しま。恐竜きょうりゅうが絶滅ぜつめつしたとされる白亜紀はくあきで待まち受うける、キューとミュー、そしてのび太たたちの運命うんめいとは──!?

【読み放題コーナー】充実!名作・新刊漫画も多数配信中!⇒ コチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする