SF漫画「血界戦線」のあらすじと感想

SF漫画 「血界戦線」を読んだあらすじと感想、「舞台」の話題です。

「血界戦線」のあらすじ

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=wmp3v62f&acode=crjssfpkxvrc&itemid=0

紐育(ニューヨーク)崩壊後、一夜にして構築された

都市・ヘルサレムズ・ロット。

異界と現世が交わるこの魔都に於いて、世界の均衡を

保つ為に暗躍する秘密結社が存在した!!

「血界戦線」の感想

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=wmp3v62f&acode=crjssfpkxvrc&itemid=0

SF漫画 「血界戦線」

「血界戦線」は独特の世界観で描くSFアクションです!

ニューヨーク崩壊後、一夜にして構築された都市「ヘルサレムズ・ロット」。
そこは異界と現世が交わる魔都「ヘルサレムズ・ロット」という都市に変貌していました。

濃い霧の向こうに広がる「異世界」と現世を繋ぐこの地で、騒動が巻き起こる時そこには必ず「秘密結社・ライブラ」が姿を見せます。

この物語は、混沌とした街の均衡を守るべく、人知れず活動を続ける「ライブラ」の構成員たちの暗闘と、「ヘルサレムズ・ロット」の異常な日常を描くもので
す。

この人智を超えた都市で、秘密結社「ライブラ」が世界の均衡を守るため「魔界」と戦います。

紐育の消失によって起こった「魔界」と裏社会に存在する秘密結社「ライブラ」の戦いはアメコミのようです。必殺技が溢れまくりで、ガツンと来るアクの強さです。特殊能力でバッタバッタと敵をなぎ倒していきます。

キャラクターが素敵です!

レオナルドや「ライブラ」の人々をめぐる人間ドラマも兼ね備えています

個々の登場人物の想いと視点を変えているため、より多面的な視点で登場人物を見る事が出来ます。

敵味方問わず魅力的な人物が登場します。敵にも個性があっていいです。

キャラ同士の掛け合いが楽しく、スイスイページを進められます。
暖かい想いと凝縮された内容には厚みを感じます。

一寸先は死みたいな状況にいるのに、その非日常が日常に感じてしまえる不思議な物語です。

読んでいるうち、熱くなってハマってしまいました!

独特の世界観に回が進むたびに引き込まれ魅了されます。

凄く面白かったです。一度読んでみてください!おススメです!

「血界戦線」【舞台】のあらすじです!

舞台『血界戦線』公式サイト

舞台『血界戦線』Beat Goes On

TOKYO
2020年11月20日(金)~11月29日(日)
天王洲 銀河劇場

OSAKA
2020年12月3日(木)~12月6日(日)
メルパルクホール大阪

舞台『血界戦線』とは

シリーズ累計570万部を超える大人気漫画『血界戦線』を原作とした舞台。
初演から1年を経て、ついに新作を上演。

初演では、豪華スタッフ・実力派人気俳優陣がオリジナリティ溢れる手法で、原作が持つ独自の世界観を再現し、多くの称賛の声が寄せられた。

また、演劇と融合したバンドの生演奏が好評を博し、2.5次元作品の概念を覆す豪華な演出で観客を魅了した。

シリーズ第2弾となる今作は、生演奏パフォーマンスにヴァイオリンが加わり、前作よりパワーアップした音楽で舞台を彩る。

また、原作でも大人気の堕落王フェムトを新キャラクターに加え、さらに混沌とした世界を表現。

今作も最高の制作陣で、観客を再び『ヘルサレムズ・ロット』の世界に誘う。

【CAST】

レオナルド・ウォッチ:   百瀬朔

クラウス・V・ラインヘルツ:岩永洋昭

ザップ・レンフロ:      猪野広樹

チェイン・皇:        長尾寧音

ツェッド・オブライエン:  伊藤澄也

K・K:            安藤彩華

堕落王フェムト:      山本一慶

ギルベルト・F・アルトシュタイン:萩野崇

スティーブン・A・スターフェイズ:久保田秀敏

<あらすじ>

舞台は、かつて紐育(ニューヨーク)と呼ばれた街、『ヘルサレムズ・ロット』。

濃い霧の向こうに広がる「異世界」と現世を繋ぐこの地で、騒動が巻き起こる
時そこには必ず『秘密結社・ライブラ』が姿を見せる。

この物語は、混沌とした街の均衡を守るべく、人知れず活動を続ける『ライブラ』の構成員たちの暗闘と、『ヘルサレムズ・ロット』の異常な日常を群像劇的に描くものである。

【読み放題コーナー】名作・新刊漫画も多数配信中!⇒ コチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする